産後の妊娠線

産後にも妊娠線はお腹やお尻や太ももにできることがある

 

産後に妊娠線ができたのに気づいたなんてことはありませんか?

 

妊娠線は妊娠中にできることが非常に多いですが、産後に出産をした後でも発症をすることがあります。
しかし、この点は間違って認識で原因を紹介されていることも多いです。

 

産後にお腹のたるんだ皮膚が戻るから、妊娠線ができると間違って紹介がされていることもあります。
これは全くの間違った認識で、そもそもの原因は別にあります。

 

妊娠線ができたのであれば消す為にケアをしていくとは思いますが、間違った原因ではじめても失敗をしてしまうことになります。
どんな症状も同じですが、妊娠線を消したいのであれば、原因の解消とケアの両方が必要となるからです。

 

この部分を間違えてしまえば、予防しても妊娠線ができるように、産後にケアをしても増えてしまう可能性があります。

 

この記事では正しい産後に妊娠線ができる原因やどのようなケアをしていくのかについて解説をしています。
産前にできたって人は下記の記事でケアの仕方を紹介しているのでご覧ください。

 

できた妊娠線を消すならクリーム!お腹や胸の治らない妊娠線を消すケア

 

産後に妊娠線ができる原因

 

産後に妊娠線ができるのは脂肪の増加が原因となっています。

 

妊娠中から産後は女性ホルモンのバランスは乱れ、生活習慣の悪化から代謝が低下をしています。
そのため、肌が乾燥をしやすく弾力が失われ、かゆみなどの症状に悩まされることもあります。

 

そして、産後もしばらくはその状態が続いていくのですが、運動不足などの点から脂肪が増加をしてしまうこともあります。
そのため、乾燥をした状態での脂肪の増加によって、産後に妊娠線ができる原因となるのですね。

 

内側の皮膚が体系の変化に追いつけず、張り裂けてしまうことで起きる症状です。
出産をしてお腹がへこんでも妊娠線ができる原因とはなりません。

 

妊娠線の色が白いのであれば産前に気づかなかった可能性もある

 

あなたの妊娠線の色が白いのであれば、産前に気づかなかった可能性があります。
妊娠線は胸やお尻や太ももなど全身にできることがありますが、お腹だけを気にしてしまう人も多いです。

 

また、妊娠中はパンパンに膨れ上がってしまっていて、きちんと確認をできていないこともあります。

 

妊娠線は初期症状としては赤い色をしていますが、だんだんと白い色へと変化をしていきます。
この色の変化は皮膚が炎症をしているからですが、3ヶ月ぐらいで変わってきます。

 

妊娠線が赤い色をしていても産前の気づいて間もないた可能性もありますが、白いのであれば気づかなかった可能性が高いです。

 

妊娠線の症状については下記の記事で詳しく紹介しているので興味がある方はご覧ください。
⇒妊娠してないのに妊娠線ができた!男性や成長期の学生も妊娠線はできる

 

産後に妊娠線はなくなる?

 

多くの人が気になるのが産後に妊娠線は消えてなくなるのかです。
できたばかりはくっきりと目立つのでショックを受けてしまうものです。

 

しかし、産後に関してもだんだんと目だたなくなってはくるものの、妊娠線はなくらないのことがほとんどです。

 

同時期に起きる正中線と呼ばれるおへそから縦に入る黒い線に関しては、色素沈着が原因なのでだんだんと消えてしまう人も多いです。
ただ、妊娠線は内側の皮膚が切れるだけでなく、肌もガタガタになっているので残ってしまうことが多いです。

 

長い年月を待つことができれば自然とと目立たなくはなってきます。
しかし、そんな何年や何十年も待てないので、多くの人が産後はできた妊娠線のケアをしています。

 

産後にできた妊娠線を消す為のケア

 

産後にできた妊娠線を消すなら、クリームを使ってケアをしていきます。
美容皮膚科でレーザーによる治療もありますが、何かとお金のかかる状況で高額な治療費がかかる方法はおすすめできません。

 

妊娠線ができた人用のアフターケアクリームがあるので、それらを使ってケアをするようにしましょう。
また、原因として太ったりした覚えがあるのであれば、少しづつ痩せるようにダイエットをするようにしましょう。

 

いくらクリームでケアをしても原因の解消ができてなければ効果を実感できないだけでなく、更なる妊娠線ができることもあります。

 

産後にできた妊娠線のケアと言っても特別なことはありません。
どんな肌トラブルも同じですが、適切な化粧品を使って原因を解消することです。

 

妊娠線はホルモンバランスの乱れなど、肌荒れなど悩まされやすい状況だからこそできやすくもあります。
その点を考えると原因が脂肪の増加か赤ちゃんの成長と原因が明確なので、ケアをしやすいです。

 

保湿をすることでたるんだ皮膚を引き締める効果もある

 

産後に妊娠線を消すケアはたるんだ皮膚を引き締める効果の為としても必要となります。

 

出産をすれば赤ちゃんの成長でふくらんだお腹もしぼんできます。
しかし、お腹の皮膚はだるんだるんとなっており、たるんだ状態となっています。

 

このたるんだ皮膚を引き締めるのに必要なケアは保湿をすることです。
そのため、妊娠線のアフターケア用を使えば、保湿成分も必要となっているので配合がされています。

 

特に最近だとレジストリルなどの成分が含まれた妊娠線クリームが人気となっています。

 

page top