妊娠線が目立たなくなるのはいつ頃

妊娠線はだんだんと目立たなくなる

 

妊娠線がお腹にくっきりとできてしまったなんてことはありませんか?

 

あなたがまだ妊娠中ででき始めたばかりであれば、その赤い線ができているはずです。
内側の皮膚が切れたことでまだ肌が炎症をしているので、くっきりと目立つのでショックを受けているかと思います。

 

妊娠線は予防クリームでケアをしても、発症をしてしまう人が多い症状です。

 

しかし、だんだんと薄くなってくる症状ですし、人によっては消えたなんてこともあります。
私自身も妊娠線ができた経験がありますが、今では全く目立たなくなっています。

 

妊娠線がいつごろから目立たなくなるのかのタイミングについて解説をしています。
あなたができた妊娠線を消したいと思ってるのであればご覧ください。

 

妊娠線はいつごろ目立たなくなる?

 

妊娠線が目立たなくなる期間は人にもよって異なりますが、産後3ヶ月ぐらいからだんだんと薄くなってきます。

 

同じ症状で肉割れがありますが、太ったのが原因だったりすれば、できてから3ヶ月ぐらいでちょっとづつ目立たなくなってきます。
しかし、妊娠線はホルモンバランスが乱れたり、生活習慣が悪化をしている状態で引き起ります。

 

そのため、肌の働きも低下をしている状況であり、特に妊娠中に関してはお腹だけでなく、運動不足から体重が増加をしたりと、脂肪も増加をしています。
肌機能の低下した状態で原因を与え続けているので、すぐに改善をされることはないのですね。

 

妊娠線は産後3ヶ月ぐらいから少しづつではありますが、目だたなくなってきます。

 

妊娠線の色が赤から白への変化するタイミングで薄くなる

 

産後3ヶ月もたつと妊娠線ができたことで炎症をしている肌もだんだんと落ち着いてきます。
そのため、赤い色をしていたのが白い色へとだんだんと変化をしていきます。

 

赤い線の時は肌の色と違うので大分目立ってはいたのですが、白い線に変わると肌色に近づいってくるので、大分目立たなくなってきます。
しかし、まだ近くで見ればくっきりと凸凹しているのが分かり、消えたとは言えない状態です。

 

また、人によっては妊娠線が赤いままとなる人も少なからずいます。
この原因は内側の皮膚が切れた部分が血管の付近であるからです。

 

血の色が透けて見えているので、妊娠線が赤いままになることもあるのですね。

 

妊娠線は自然と薄くなるがほとんどの人がケアをする

 

妊娠線は自然と薄くなっていき、だんだんと目立たなくなってきます。
実際、あなたを生んだお母さんや同じような世代の人は出産をしてから何十年もたっているので、ほとんど目立たないはずです。

 

しかし、妊娠線ができたらアフターケアをする人が大半です。

 

妊娠線は自然と薄くなる症状ではあるものの、目立たなくなるまでには長い期間がかかります。
あくまで産後に3ヶ月ぐらいたった後から薄くはなるのも、色が変化をするからなのですね。

 

そのため、目立たなくなるまで自然と薄くなるのを期待するのであれば、長い年月を待つ必要があるので、多くの人がケアをしているのですね。

 

産後の妊娠線ができた後はアフターケア用のクリームでケアを続ける

 

妊娠線は予防クリームを使ってケアをしても、多くの人ができてしまいます。
そのため、産後はアフターケアをしていきます。

 

予防クリームを使う理由は保湿をして肌の弾力を高めることですが、赤ちゃんの成長で急激に成長するお腹は耐えられないことが多いのですね。

 

予防対策は保湿をすれば良いだけなので妊娠線クリームや市販の保湿クリームを使ってケアをしていたはずです。
しかし、できた跡のケアであれば、アフターケア用のクリームが販売されています。

 

どちらも妊娠線クリームとして販売されているので、間違えてしまうことも多いですが、きちんと確認をすればアフターケア用なのかが分かります。
店頭で市販されている多くは予防目的のが多いので、通販などを利用している人が多いです。

 

妊娠線ができた後のケアについては下記のページで紹介をしているので、興味のある方はご覧ください。
できた妊娠線を消すならクリーム!お腹や胸の治らない妊娠線を消すケア

 

page top