産後に妊娠線は消える

妊娠線は産後にだんだんと消えてくる

 

妊娠線は産後の数か月たつとだんだんと目立たなくなってくる症状です。

 

できた当初は赤い色をしているので、はっきりと目立ってしまいます。
かゆみや痛みがあったりはするものの、だんだんと症状が軽くなっていきます。

 

そのため、ケアをしていなくてもだんだんと薄くはなってくるのですね。

 

しかし、妊娠線はお腹にできる正中線に比べると、目立たなくなるまでには長い年月が必要となります。
自然と薄くはなってくるものの、色が赤から白になっても、線が入っているのが分かってしまいます。

 

正中線であれば原因は色素沈着なので、ターンオーバーで古い皮膚を排出すれば、完全に消えてくる人も多いです。
しかし、妊娠線は目立たなくなるとは言っても、気にならないほどまでは消えてはくれないのですね。

 

妊娠線は半年ぐらいたつと当初より消える

 

妊娠線は産後の3ヶ月から半年ぐらいたてば、できた当初に比べて消えてきます。
その理由としては妊娠線の色の変化があります。

 

できた当初の赤い色が遠目から見ても分かりやすく、くっきりと目立ってしまいます。
この色の理由は血管の付近が切れて、血の色が透けてみえている人もいますが、基本的には肌が炎症をしている為です。

 

内側の皮膚が切れるのが原因なので、ぶちって裂けてしまった周辺が炎症をしてしまいます。

 

しかし、産後はホルモンバランスもだんだんと日常の状態に戻ってきて、肌の働きも正常になり、だんだんと炎症も鎮まってきます。
そのため、白い色に変わるので、大分消えたようになってくれるのですね。

 

ここまでが3ヶ月から半年ぐらいかかったりしますが、人によっては血が透けて赤いままのこともあります。

 

妊娠線は自然と消える!但し長い年月が必要となる

 

妊娠線は皮膚が切れたと言っても、細胞によっては修復が不可能なのもありますが、肌を構成している細胞はいくつかあります。
また、切れたばかりは肌もガタガタとなっているので妊娠線が目立ちやすいです。

 

しかし、産後に時間がたってくると、だんだんと自然と消えてくれます。
但し、当初よりはあくまで薄くなってくるだけであって、完全に消えたり目立たなくなるほどではありません。

 

10年のように長い年月がたてば、完全に消えるとは言わないまでも、目立たなくなってくる人も多いです。
ただ、そんなに待つことができない人がほとんどですし、どうせならどうにかしたいと考えるのは女性なら誰しもそうです。

 

そのため、多くの人は産後に妊娠線を消すのにクリームでケアをしています。

 

妊娠線は自然と消えるのは期待をしない方が良い

 

妊娠線は別名で肉割れとも呼ばれます。

 

太ったことが原因で内側の皮膚が切れた時に呼ばれる症状ですが、根本的な原因は同じです。
あくまで日本で使っている呼び名でしかなく、同じ肌トラブルなのですね。

 

しかし、妊娠線は太ったのが原因の肉割れに比べると、体系の変化は急激におきます。
そのため、くっきりと目立つひどい症状になる人が非常に多いです。

 

症状の軽い肉割れでさえ、自然と目立たなくなるまでには、何年や何十年とかかってきます。

 

ここからも分かるように妊娠線は自然と消えるのは期待をしない方が良いです。
あきらめるのかケアをするのかで考えるようにしましょう。

 

市販のではなく妊娠線クリームは高いが使ってケアをする人が多い

 

妊娠線のクリームは単なる保湿クリームと違い、特有の成分が配合されていたりと、市販のに比べると高めのも多いです。

 

実際、妊娠線特有の成分が配合されたクリームで、数ヶ月で深さが改善したと発表がされているのもあります。レジストリルやペプチドなどの成分が配合されているクリームだと、その点を前面に紹介をしていることもあります。

 

単なる保湿クリームではなく、妊娠線の為に特有の成分が配合されているので、値段がどうしても高いものが多かったりするのですね。

 

ただ、市販の保湿クリームだと効き目を感じれるような口コミを見つけるのは難しいです。
そのため、多くの人が妊娠線のクリームを使ってケアをしていきます。

 

あなたがこれから妊娠線のケアをしようと思っていて、安いのが欲しいと思っているのであれば、市販の保湿クリームを使うこともできます。
ただ、効き目を感じれなかった時にショックを受けてガッカリしてはしまうこともあります。

 

そうなった時には妊娠線用のクリームを使ってみてはいかがでしょうか?

 

page top