妊娠線を消すならクリーム

できた妊娠線を消すならクリームでケアをする

 

できた妊娠線を消すなら高額な治療費がかかるレーザーでの治療ではなく、安い手軽の点からクリームを使うのが一般的です。

 

予防しても妊娠線ができたって人は多いです。
しかし、そもそも予防ケアをいくらしても、妊娠線はできてしまう人はたくさんいます。

 

太ること原因となる肉割れと同じ症状ですが、脂肪の増加よりも早い速度で赤ちゃんは成長をしていきます。
そのため、いくらクリームで保湿をして弾力を高めても、妊娠線ができてしまう人は非常に多いのです。

 

この妊娠線は真皮と呼ばれる、新しく作られない真皮が切れてしまいます。
そのため、治らない症状でも知られていますが、だんだんと目立たなくはなってきます。

 

治らないからとあきらめる必要なんてことはないのですね。
しかし、クリームでケアをしても消えないなど、失敗をしてしまう人は多いです。

 

妊娠線の原因から消す方法まで正しいケアができるように、必要な部分を全て紹介をしています。
本気で妊娠線を目立たなくしたいって人は参考になるはずです。

 

妊娠線を消す方法!3種類の消し方を紹介

 

妊娠線を消す方法としては3種類あります。
できた人は下記のどれかの方法で妊娠線のアフターケアをしています。

 

  • 妊娠線クリーム
  • レーザーでの治療
  • 炭酸ガスでの注射

 

レーザーや炭酸ガスは病院での治療となります。
しかし、総合病院ではなく美容クリニックや皮膚科などの、肌トラブルを専門的に扱っている場所です。

 

このクリームやレーザーでの治療は健康保険が使えないので、1回だと2万円ぐらいの治療費が必要となります、複数回の施術で総額で10万円をこしてしまいます。
即効性がある訳ではないので、妊娠線がひどいほど回数も必要となり、高額な治療費が必要となるのですね。

 

妊娠線が目立たなくなるまでに数か月と期間もかかりますし、高額な治療費がかかるので、それに比べると安いし手軽なクリームを選ぶ人がほとんどなのですね。

 

妊娠線クリームは2種類ある!できたのを消すならアフターケア

 

妊娠線を消すのにクリームを使おうと思っても、失敗をしやすいのがどれを使うかです。
妊娠線クリームと言っても2種類のが販売されています。

 

予防をしたい人もいれば、できた人もいます。

 

しかし、このできる前の予防したい人のケア用もアフターケア用も同じ妊娠線クリームとして販売がされています。
どんな症状でも肌の基本は保湿ですが、できれば症状にあうように成分を配合したのを使った方が良いのは分かり切った話です。

 

それなら薬局の保湿クリームを使えば良い訳ですからね。
しかし、せっかくニベアのような薬局の保湿クリームではなく、妊娠線のクリームを使ったにもかかわらず、予防目的のを使っている人は多いです。

 

肌の基本は保湿なので効果がないなんてことはありませんが、消えないとい失敗をしている人も多いので、間違えないように注意をしましょう。

人気の妊娠線を消すクリームの特徴!口コミで評判のと市販の違い

 

妊娠線を消すのにクリームでケアをする人はたくさんいますが、効果がないと失敗をしてしまう人は多いです。
人気があるクリームと市販の保湿クリームや評判の悪いのの違いについてご紹介。

 

薬局で市販のクリームだと、保湿クリームを代用することが多いです。
そして、評判の悪い妊娠線クリームだと特徴的な成分がないこともあります。

 

妊娠線は内側の真皮やコラーゲン繊維などが切れた症状です。

 

レジストリルやアセチルでかペプチドなど、妊娠線に評判の良い成分が配合されています。
単なる保湿クリームではなくて、妊娠線のアフターケアを考えた成分が含まれているクリームなのですね。

 

人気の妊娠線を消すクリームであれば、下記のサイトのようないくつかを比較して紹介をしているのが参考になるかと思います。

 

>>>20代のできた妊娠線を消す方法!クリームやレーザーで薄く【初めて妊娠線】

 

妊娠線の原因は乾燥した状態で内側の皮膚が張り裂けること

 

妊娠線の原因は内側の皮膚が張り裂けることです。

 

妊娠をするとホルモンバランスは乱れ、代謝の低下や運動不足などの生活習慣から、体重も増加をしたりします。
様々な要因によって肌は乾燥をしてハリや弾力が失われ、バリア機能の低下でかゆみに悩まされることもあります。

 

この肌が乾燥をして弾力が失われた状態で、赤ちゃんはお腹の中で急激に成長をしていきます。

 

そのため、内側の皮膚が引っ張られていることに耐えられず、張り裂けてしまうことが原因となる症状なのですね。
妊娠線な原因からも分かるように、お腹だけでなく胸や太ももなどの部位にもできることがあります。

 

お腹のようにひどい症状にはならなくとも、胸や太ももやお尻は脂肪も増加をしやすいので、同じように切れてしまうのです。

 

新しく作られない真皮も切れるので妊娠線は治らない

 

妊娠線はできたら治らないから、予防が大切とよく言われています。
時間がたったり、ケアをしていて目立たなくはなってきますが、完全には治らない症状なのですね。

 

切れた内側の皮膚には新しく作られることのない、真皮と言われる皮膚細胞があります。
表皮と呼ばれる表面の皮膚であれば、切れたとしても新しく作られて、自然とふさがり治ったりすることはできます。

 

しかし、妊娠線は真皮も切れているので、治らないと言われているのですね。

 

ここを聞くと妊娠線が目立たなくなってくるのはおかしいような感じがしますが、内側の皮膚を構成しているのは様々な細胞です。
そのため、治らない症状ではあるものの、多くの人はクリームを使ってケアをしているのですね。

 

妊娠線はお腹だけでなくお尻や胸や太ももにできやすい

 

妊娠線はお腹が圧倒的にできやすくひどい症状になりやすいですが、ケアが必要なのはその部分だけではありません。
上記の原因でも紹介をしたようにお尻や太ももや胸などの部位にもできてしまいます。

 

そのため、妊娠中に関してはクリームでケアをするにしても、胸などの部位にも使うようにしましょう。
特にかゆみなどの症状がでてきている部位は、肌が乾燥をして弾力が失われているので、重点的にケアをするのがおすすめです。

 

妊娠中に妊娠線ができた人は予防クリームから、アフターケア用に変えるのがおすすめです。
アフターケア用にも保湿成分が入っているので、妊娠線のケアが同時にすることができます。

 

体重が少し急激に増加しているのを感じたら、できる範囲で少し運動をするなどして、脂肪の増加を防ぎ、お尻や胸や太ももに妊娠線ができるのも予防するようにしましょう。

 

 

 

page top